スポンサードリンク


VAMPS・GACKT他<HALLOWEEN PARTY 2015>幕張初日・セットリスト・ライブレポート

VAMPSが主宰する国内最大級のハロウィンイベント<HALLOWEEN PARTY 2015>5DAYSの3日目が幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて開催された。

先ごろ公開した速報レポートとオフィシャルレポートに続いて、10月23日に行われた幕張初日の詳細レポート。

 

VAMPS

 


テヤン/プーリップ ガクト/GACKT ミゼラブルVer. 1,000体限定

【A2ポスター特典付】 VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS (初回限定盤Goods付DVD) [ VAMPS ]

価格:10,206円
(2015/11/9 02:54時点)
感想(0件)


VAMPS LIVE 2015 BLOODSUCKERS(初回限定盤Goods付DVD)

 

幕張初日は平日にも関わらず、頭からつま先までフル仮装でばっちりきめたたくさんのオーディエンが会場に集結。

MCを担当する“やまちゃん”ことやまだひさしの「みなさん、元気に死んでますか?」という恒例の挨拶で、この日のパーティーはスタートした。

 

ホラーメイクに真っ白いプリンセスドレスを合わせたTommy heavenly6が、まずはオープニングパフォーマーとしてステージに登場。

このパーティーには欠かせないガールズメンバーとして、“アンニュイで可愛い”というTommyならではの独特な空気感を場内に漂わせて、新作『Tommy’s Halloween Fairy tale』を中心としたゴシックポップなメドレーを届けた。

 

幕張初日のトップバッターとして現れたのはBREAKERZ。

場内が暗転したあと、会場のど真ん中からの登場に観客は大騒ぎ。DAIGOは「去年は手作りだったが、今年はCMキャラクターをつとめるカプコンさんから本物を借りてきた」という『モンスターハンター』のコスチュームで全身フル装備。

さっそくAKIHIDEとSHINPEIとともに、舞台にいた人気ゆるキャラ・ねば~る君を狩猟に向かう。目が真っ赤に血走るねば~る君をめった斬り。

ねば~る君の角を採取したあと、DAIGOが「いこうか!」と叫んでライヴは新曲「YAIBA」で勢いよくスタートした。

ステージ後方に高々と掲げた神(=HYDE)にもらった白いグローブに向かって、DAIGOの合図でみんなで拝礼した後は、「WE GO」「SUMMER PARTY」を連発する。

「SUMMER PARTY」の曲間ではDAIGOがAKIHIDEに3回もキスを連発し、場内は狂喜乱舞した。
「最近めっちゃ嬉しいことがたくさんあって。DAIGO、LINEスタンプ出したんですよ。なんと、神がそのスタンプをゲットしてくれてました。しかもね、発売日に。こんな優しい神、いますか? しかも初めて使ってくれたのは1ヵ月後で、“(買ったの)言わなかったんだ”って。かわうぃいかわうぃい(笑)」と神・HYDEの話題で場内をなごませた。

このあとは「俺たちBREAKERZは3年ぶりの出演だけど、次が最後の曲なんで、持ってきたタオルを回して下さい」と「灼熱」でオーディエンスを燃焼させ、エンディングはみんなで「HALLOWEEN、最高うぃっしゅ!」のポーズで締めくくった。

 

続いて始まったのは、選ばれたオーディエンスが自慢の仮装でランウェイを歩く仮装ファッションショー『HALLOWEEN COLLETION』。

ショーのラストにはHALLOWEN DOLLSのちびっ子たちが笑顔で飛び出してきて「HALLOWEN PARTY」を可愛らしいダンスとともに披露。続いてドレスの裾にモンスターをいっぱいぶらさげ、“闇堕ちした女神”に扮した分島花音とTommy heavenly6もランウェイに登場し、場内にガーリーな風を吹き込んだ。

 

その空気が次のMY FIRST STORYの登場でガラリと一転。ヴォーカルのHiroが放ったスクリーモで熱風が吹き荒れ、ステージからは爆音が響き渡る。

ライヴはいま最も勢いにのっているこの激アツバンドをたくさんの人が知るきっかけになった「ALONE」で幕開け。「The Story Is My Life」では「幕張、楽しまないと悪戯しちゃうぞ」と叫びながらHiroとギターのShoとTeruがそれぞれステージを縦横無尽に動きまわり、若手ならではのエネルギッシュなパフォーマンスを見せつける。

「こんなに大勢の人を前にして戸惑ってますけど、ストレートにぶつけたいと思います」とTeruが挨拶すると、人気アニメ「東京喰種トーキョーグール」のカネキ姿で現れたHiroはこう語った。

「神戸でまさかの先輩2人(シドの明希とNIGHTMAREの柩)と仮装が被りまして。楽屋では気まずかったんですが、おかげで仲良くなれてLINEグループまで作りました」──Hiro

嬉しそうに報告したHiroは「今日は僕らのいろんな曲を名刺代わりに持ってきました」と伝え、空気感をたっぷり含ませた柔らかな声色で、ラブバラード「「花」-0714-」をじっくり聴かせる。

その後は「モノクロエフェクター」「Second Limit」と4つ打ちのラウドチューンでオーディエンスをアゲまくり、ラストは「不可逆リプレイス」へ。曲の後半、Hiroが「こんなにもたくさんの人の前にいられること、夢にも思ってませんでした。

まだ21年しか生きてないけど、僕には音楽しかありません」と熱い気持ちを伝え、フロアはたちまち感動に包まれた。

感極まったHiroは最後に深々と頭を下げながら、生声で「ありがとうございました」と叫んで観客へ感謝を込めて深々と頭を下げた。

 

ステージが暗転した後、次に始まったのはスペシャルパフォーマーのDEEP GIRLのステージ。

SHOWROOMからユーザー投票によって選ばれた6人でグループを結成してまだ1年。この日は「血塗られた花嫁」をテーマにしたウエディングドレス姿で登場。

ワイルドなスクリーモをフィーチャーした「Stereo」、6人が一斉に可憐なヘドヴァン姿を披露する「Misery BUSINESS」、そしてまだ未発売のメッセージ性の高いリリックが印象的な新曲「I kill」を初パフォーマンスして舞台を後にした。

 

学校の始業チャイムが鳴り響いたあと、“破廉恥、破廉恥”と連呼する校歌が流れ、ドラマ仕立てのアナウンスで幕を開けたのはGACKT presents 神威♂楽園のステージ。

性徒会長は金髪ロング+水色のミニスカナース+ガータベルト仕様の黒の網タイツという超絶セクシーな女装で楽園性徒たちを悩殺した。

これまで神威♂楽園の学園祭バンドとして様々なアーティストの曲をカバーしてきた彼らだが、この日はBIGBANGの「FANTASTIC BABY」を“真っ赤な太陽、よりもHYDE”とVAMPS仕様の「神威♂楽園BABY」に替えて届けた。

このあと、性徒会長が“神威♂楽園内の返事は「はい」ではなく「かしこまり」”という校則を伝授し、「次は、は、は、は、HYDE君の作った「STAY WAY」」と紹介して、L’Arc~en~Cielの大ヒットナンバーをカバー。

曲の後半パートではミュージックビデオの振りをキレキレのダンスで完コピし、今度はダンスで場内を圧倒。これには場内が大いに沸いた。

そして、性徒会場自ら振り付けを性徒たちにレクチャーした後、GACKTのコピー「情熱のイナズマ」をみんなで踊り、メンバーはステージからはける。

 

ここで終わりかと思いきや、X JAPANのオープニングでおなじみの「WORLD ANTHEM」が鳴り響き、神威♂楽園軽音楽部“S.E.X JAPAN(Super EXcellent high school students in JAPAN)”が登場!

メンバーそれぞれ、X JAPANの仮装に早着替え。ドラムのポジションについた性徒会長はYOSHIKIのようにガウンを脱ぎ捨て、上半身裸になり、X JAPANのファストチューン「X」を演奏した。

鍛え抜かれ肉体以上に、性徒会長のドラミングに誰もが驚愕!

フロアは耳が痛くなるような悲鳴に包まれる。

オーディエンスたちは「X」ならぬ「S.E.X」を何度も叫びながらジャンプして全員が一つになり、破廉恥極まりない神威♂楽園の楽園祭気分を大いに満喫した。

025

 

続いて、この日2組目のスペシャルパフォーマーとして“女王蜂 × チームしゃちほこ”が、この日限りの豪華コラボステージを展開。

まずは女王蜂がヴォーカルのアヴちゃんを筆頭にメンバー全員和装姿で花魁風化け猫に扮して「ヴィーナス」を披露した。

続いて和耽美といえる「スリラ」にチームしゃちほこが元気で明るいエッセンスを注入。

チームしゃちほこのアンセムである「抱きしめてアンセム」がスタートすると、女王蜂のバンド演奏も重なり、とたんにロックモードにシフトしていく。

最後は女王蜂のテッパン曲「デスコ」をカラフルな扇子を揺らしながら、みんなで歌い踊り、今夜限りの貴重なパフォーマンスで場内を盛り上げた。

 

ラストは、待ちに待った我らがVAMPSの出番。

暗転した場内にギーコーギーコーとなにかが揺れる音が響き渡る。

「HELLOWEEN PARTY-JAZZ Ver.-」が流れてくると、舞台の照明が灯り、そこにいたのは首つり状態で天井から吊るされた「HALLOWEEN PARTY」ミュージックビデオ仕様のVAMPSの5人。

縄で吊られたカタチでユラユラ揺れているのは人形ではなく本人たちなのだから、場内に悲鳴がこだまする。演奏が終わって、ゆっくり地上に戻った後、定位置につく楽器隊。

一人だけ吊るされたままだったHYDEが一瞬スモークに隠れて見えなくなったと思ったら、次の瞬間にはランウェイ先端に瞬間移動! そして、吹き上がる炎に包まれ「EVIL」へ。

まずは圧倒的なスケールのイリュージョン仕掛けのショーのオープニングで、観客の度肝を抜いた。

「HALLOWEENマジックで(仮装した)みんながすごく可愛く見えちゃう。今夜も思いっきりお前たちを可愛がってやるからな」──HYDE

とのMCに続いては、「腹減った。狩りに行こうぜ」と叫びながら「HUNTING」開始。

重低音をかき鳴らしながら、HYDEとK.A.Zがフロアにいるオーディエンスを色っぽい視線でじっくり見定めながら移動を繰り返す。

そこから「ANGEL TRIP」のイントロへとなだれ込むと、これまで闇に包まれていた視界がぱっと開けたような感覚を覚えた。

オーディエンスはタオルを片手に、開放感あふれるコードの流れに身を委ね、笑顔全開でタオルを回しながら大声でシンガロング。

そんな観客に向けて「パーティーを抜け出そうぜ、2人きりで」とHYDEが甘いウィスパーヴォイスで語りかけ、客席は天国まで昇天。

 

このあと場内に「TROUBLE」のイントロが流れ出すと、HYDEとK.A.Z.がそれぞれ立っていたランウェイの上手と下手が分離。

それらがフロートになってフロアの後方まで移動を開始していくという再びのサプライズ。

ステージでは超巨大な2体のジャックオーランタン人形が踊り出した。フロートが元に戻って、再びステージと合体したあとはK.A.Zのギターとともに、HYDEが勢いよくステップを踏みながら舞台中央で大きなサークルを描き歌い出す「DEVIL SIDE」、そして金属的なパーカッションが鳴り響く「SEX BLOOD ROCKN’ROLL」といっきに畳みかけて、ラストは「KYUKETU-SATSUGAI VAMPS Ver-」をパンキッシュなサウンドで届けて会場を席巻した。

 

このショーを締めくくるのはおなじみのHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA。

HYDEはこの日4人目となる『東京喰種 トーキョーグール』のカネキ姿に早替えをして登場。

この夜のために集まったスペシャルメンバーの前で、コンダクターHYDEとなり「Penlty Waltz」をプレイした。HYDEのフェイントにつられて音出しを間違えると、DAIGOからCO2を噴射されるという罰ゲームがあるなか、この日はMY FIRST STORYのHiroをHYDEが狙い打ち。

だが、持ち前の反射神経のよさで見事ノーミスでクリアするという場面も。

続いて始まったのは、女装したanis(MONORAL)が司会をつとめるアフリカの子供たちのゲーム「Rhythm Game」だ。ここではDAIGO、ROLLYがミスをして罰ゲームでマネキンとキス。

最後にHiroがミスをするが、anisが「Hiroが座っている場所は神戸では先輩であるkyoさんが座っていたところ。

神戸ではkyoさんのミスの代役をつとめたんだから、ここは後輩のために」という流れでHYDEを引っぱり出すことに大成功すると場内は拍手喝采。

「俺かマネキン、どちらを選ぶかはHYDEちゃん次第ね」とマネキンの横でちゃっかり目を閉じるanis。

HYDEはanisの頬を両手でしっかりと包み込み、首を少し傾けてAnisの下唇に優しくキス(笑)。

照れるHYDEを横目に「相変わらず柔らかかった」とanisは得意げな表情を浮かべた。

 

そして、オーラスはベースに明希(シド)、ドラムにShinya(DIR EN GREY)を迎え、出演者がフロアにお菓子を撒きながら「HALLOWEEN PARTY」をセッション。

開演から5時間後の午後10時まで行われた幕張初日は終幕した。神戸、そして幕張初日と続いたこの熱気を幕張2日目のステージへと繋いだ。

 

VAMPS主宰<HALLOWEEN PARTY 2015>
10月23日(金)@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール初日セットリスト

【Tommy heavenly6】(オープニングパフォーマー)
1.Tommy’s Halloween Fairy Tale Medley
【BREAKERZ】
1.WE GO
2.YAIBA
3.灼熱
4.SUMMER PARTY
【HALLOWEEN DOLLS】(HALLOWEEN COLLECTION)
1.HALLOWEEN PARTY
【MY FIRST STORY】
1.ALONE
2.The Story Is My Life
3.「花」-0714-
4.モノクロエフェクター
5.Second Limit
6.不可逆リプレイス
【DEEP GIRL】(スペシャルパフォーマー)
1.Stereo
2.Misery Business
3.I kill
【GACKT presents 神威♂楽園】
1.神威♂楽園BABY
2.STAY AWAY
3.情熱のイナズマ
4.X
【女王蜂×チームしゃちほこ】(スペシャルパフォーマー)
1.ヴィーナス
2.スリラ
3.抱きしめてアンセム
4.デスコ
【VAMPS】
1.HALLOWEEN PARTY -JAZZ Ver.-
2.EVIL
3.HUNTING
4.AHEAD
5.ANGEL TRIP
6.TROUBLE
7.SEX BLOOD ROCK N’ ROLL
8.KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-
【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA】
1.Penalty Waltz
2.Rhythm Game
3.HALLOWEEN PARTY
※HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA are…
VAMPS / BREAKERZ / MY FIRST STORY / 女王蜂 / DEEP GIRL / 明希(シド) / anis(MONORAL) / Shinya (DIR EN GREY) / Tommy heavenly6 / 柩(ナイトメア) / ROLLY / 分島花音
MC やまだひさし

 

関連リンク

◆HALLOWEEN PARTY 2015 オフィシャルサイト
◆HALLOWEEN DOLLS特設ページ
◆VAMPS オフィシャルサイト
◆VAMPS レーベルサイト
◆VAMPS オフィシャルFacebook
◆VAMPS オフィシャルTwitter

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す


Fatal error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/t-283/283-music.com/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_150319/functions.php on line 1178