スポンサードリンク


浜崎あゆみ ファンクラブツアー<TA LIMITED LIVE TOUR>ファイナル・Zepp Tokyo

浜崎あゆみのファンクラブツアー<TA LIMITED LIVE TOUR>が、11月24日のファイナルZepp Tokyo公演、および12月3日に延期となった福岡公演(振替公演)をもって7都市18公演の日程を終了した。

浜崎あゆみ


Winter diary ~A7 Classical~

 

4月から始まった全国アリーナツアー<ayumi hamasaki ARENA TOUR 2015 A Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~>が終了した7月から、年末恒例のカウントダウンライブまでの間で、もっと会いに行ける機会がないかというayuの想いから企画されたのが、2003年にTeamAyu会員限定で行った<ayumi hamasaki LIMITED TA LIVE TOUR>以来となる今回のファンクラブツアーだった。

 

「今年は多くTeamAyuのみんなに会いに行きたい。カウントダウンライブまでの間、まだ会いに行くチャンスがあるなら会いに行きたい。」── 浜崎あゆみ(TAツアー初日前日のLINEトークライブにて)

 

12年ぶりのTAツアー。久しぶりのライブハウスでの公演。ぎっしりと埋まった11月24日のZepp Tokyoのフロアからは、開演時間を過ぎてayuコールが巻き起こる。

言うまでもないことだが、ステージと客席までの距離はアリーナ公演とは比べ物にならないほど近く、もうそれだけでも興奮が高まるというものである。

 

ライブ直前、おなじみ、コーラスのティミーが、「みんな楽しみ? もうちょっとで始まる! すごい! いっぱいいる! 本当に今日いっぱいいるね!」と、ステージに登場。

「今、隣りの人、見て。『ハロー!』言って。よろしくね。」と、TA同士、周りに気を使いながらもライブを楽しもうと呼びかける。

 

そして、過去のライブ映像をもとにしたオープニング映像がスタート。

ayuの登場までのカウントダウンが始まる。ゼロになった瞬間、大きな歓声が巻き起こり、暗闇の中から浮かび上がるロックスタイルのayu。

大型LEDスクリーンこそ背面には用意されているが、ライブハウスということもありステージセットはそのくらい。

シンプルなステージの中で、ayuは1曲目の「Sorrows」から魂をぶつけるように、客席側ギリギリ、ステージ先端で時に膝をつきながら熱唱する。

さらに2曲目の「Startin’」でSHU-YA、KAZUMA、MIDORI、ZIN、KOのダンサーズを呼び込み、「叫べー!」と、これでもかと客席を煽れば、フロアは拳を突き上げて激しく蠢めく。

そして立て続けに放たれる「UNITE!」。ayuのライブにおける最強の盛り上がり曲のひとつがこのタイミングで投入されたなら、オーディエンスの誰もが魂まで激しく揺さぶられ、早くも最高の興奮がZepp Tokyoを突き抜けていく。

 

「東京のみなさんこんばんは! 今日は最終日! ようこそいらっしゃいました。いやー、暑っ。どうしたみんな、大丈夫? あのー、あれですよ。12年ぶりにTAツアーやらさせてもらって、やっと東京に帰ってくることができたんですけども。ただいま。」

 

「最初の方は、慣れんかったけんさ、このライブハウスっていう形が。戸惑ったじゃないですか。最初のほうの東京来てくれた人いますか? 結構、戸惑ったやんね。どうしようかなってなったやろ?」

 

「あの、私、あれ好きなんですよ。引越しの荷物に入ってるプチプチってするやつ。あれをみんなの間に入れたい。絶対、盛り上がる曲とかでプチプチって。ちょっとさっき思ってしまった(笑)」

 

早くも大盛り上がりのファンを前にして、ゆるいトークをしていくayu。

博多弁が自然と出てしまうのは、何よりayu自身がTAを前にリラックスしている証拠でもある。

 

そしてayuは、すし詰め状態のフロアをエリアごとに区切った上で自ら観客をひとりずつ指名。

周りで気分が悪くなった人などが発生した場合に近くのスタッフに知らせるという、TAとayuの関係性だからこそ成立する連絡体制を構築したのち、次の曲へ。

自身、感極まることが多くてうまく歌えないという「Last minute」をまさしくこの日も感情をあらわにして、体を震わせて絶唱。オーディエンスは、ayuの鬼気迫る力強さと、今にも壊れてしまいそうになるほど繊細でもあるパフォーマンスに、呼吸をすることすら忘れそうになりながら釘付けとなり、そして彼女が真紅のライトの下で片手を天に掲げた姿に拍手喝采を送った。

 

宮崎裕介がピアノで奏でた「SEASONS」「Dearest」といった楽曲たちをSHU-YA、KAZUMA、MIDORIがダンスで彩ると、白のセットアップチュールドレスに衣装チェンジしてayuが登場。

少し懐かしいナンバーから名曲「Days」を優しく歌い上げる。<君がいるそれだけで / 心がとても温かくなる>のフレーズが、TAのもとに届く。

この瞬間、確かにayuはTAのひとりひとりに向けて語りかけていた。そう客席の誰もが感じたはずである。

さらに、ミラーボールにライトが放射されて、会場に幾千もの星が舞い降りた「beloved」。

その光景に会場からは思わず驚きの声が上げる。

この曲でもayuは感情が昂ぶり、思わず声を震わせる。

楽曲には様々な解釈ができ、創り手を離れたら作品は一人歩きを始めてしまう。

受け手がどのように解釈しようとも、それは自由であり、だからこそ作品は、様々な人の人生における、様々な場面を彩ることができる。

しかし、TAツアーで歌われた「Days」と「beloved」。

もしくはこの日、この瞬間のZepp Tokyoで歌われた「Days」と「beloved」の解釈は、やはりayuとTA。歌声には、ayuからTAへの感謝の気持ちが満ち溢れていた。

ティミーとayuのお尻“ちょい振り”爆笑コラボに続いて、ふたりはアカペラで「part of Me」を披露。

さらに日替わり曲としてアコースティックアレンジされた「HEAVEN」を歌い上げた。

雰囲気をガラリと変えるEDMアレンジのayu曲とレーザーを用いたダンサーズのパフォーマンスで、Zepp TokyoをちょっとしたEDMのフェス仕様に変えると、ティミーの煽りで、再度、クラブスタイルに着替えたayuがステージイン。

「XOXO」「Lelio」「Sparkle」「Feel the love」と繋げ、大きなうねりのようなフロアの盛り上がりを形作っていく。

本来無機質であるべきデジタルなサウンドでさえ、ayuが混ざり合うだけでエモーショナルなものへと変化してしまう。

そしてオーディエンスはayuに誘われるように一体となり、多幸感に満たされたまま音の粒、光の粒をシャワーのように浴びて思うがままに体を揺らす。

そして極め付けは「You&Me」。

上りきったボルテージと溢れ出た多幸感の中で、会場は大きく手を振って大合唱。夏のあのきらめきと興奮と熱気が11月の終わりにして再び戻ってきた、むしろayuがあの夏の太陽を呼び戻したかのよう。

ちなみにこの日、この曲のエンディングは「告白成功」であった。

本編ラストはayuの生き様を描いたような「Love song」。

大歓声の中で熱量と迫力を帯びたayuの歌声。

それはあらためてのayuからTAに向けての決意表明のように会場に響き渡ったのだった。

 

アンコール前には、“スペシャルMCコーナー”としてZINが登場。

さらにKAZUMAも呼び込んでゆるいトークを始める。

そしてここでayuのライブではおなじみのダンサーSUBARUに電話。

なお、本ツアー中の同コーナーで前に一度SUBARUに生電話した際にはお風呂に入っていたというエピソードから、今回もZepp Tokyoのステージとお風呂場を繋いだトークが期待されたが、ここでまさかの本人がツアーTシャツを着てZepp Tokyoのステージにサプライズ登場。

観客は驚きの声を上げた。

さらにayuのリアル従弟ミッチー、そしてティミー、さらにayu本人までもステージへと呼び込まれ、ダンサーズが見守る中、ティミーのピアノ弾き語りをバックにこの3人が「Diary」を披露。

なお、ayuは間違えたことを自己申告したものの、本公演をDVDに収録する際にはカットするため、Twitterなどに書かないように、とのこと(笑)。

この後、サインボールや、ayuがステージ上でTシャツに名前入りの直筆サインをプレゼントする抽選コーナー。

ayuがサインを書くまでの時間を使って、野村義男(Gt)の“マジックマイク”が、観客のみならずコンサートスタッフをも巻き込んでの謎の一体感を生み出す。

そしてこの一体感が、「Boys&Girls」で、フロアとステージの歌って踊って叫んでの応酬へと変えると、2015年のayuのテーマソングでもある「The Show Must Go On」さらに「Replace」。

満員のフロアが、ステージ上で浮かび上がるayuの名前を呼び、そして歌声に合わせて大きく手を振って、はてしない熱量を生み出す。

そして会場から放出されたパワーを受けて、ayuはステージ上でさらなる輝きを増し、互いが共振するように興奮と感動は増幅されていった。

アンコールが終わっても、ayuの名前を呼ぶ声は収まる気配もなく、ダブルアンコール。最後にayuが歌ったのは、もちろんと言ったほうがいいのかもしれない、これまでのツアーでもラストに歌われる機会が多かった「MY ALL」。

それはayuからTAに向けられた歌。

ayuは時折、涙を拭い、笑顔で観客に手を振って応える。何度目かの大合唱を手を広げて体全体で受けるayuの目には、これまで東京、大阪、福島、愛知、福岡、広島、福井の7都市の各公演で出会った、いろんな笑顔が同時に見えていたことだろう。

出演者とスタッフ、そしてオーディエンス。ライブに必要なすべてのピースが絆のようなものに結ばれた時に見える特別な景色がある。

<TA LIMITED LIVE TOUR>のファイナル、11月24日のZepp Tokyoで、浜崎あゆみがTeamAyuと描いた景色も、間違いなくそんな景色のひとつだった。

「今年このツアーをやりたいと思って……もっとみんなの近くに行きたいと思って、「TAツアーやりたい」って言って、私の急なお願いだったり、わがままに一生懸命答えてくれた、たくさんのスタッフさんたちのおかげで、TAツアーが実現できて、すごくすごくありがたいなと思いました。本当にありがとうございました。実はやってみると、やっぱり勝手がわからなかったりで、戸惑ったりもしましたけど、戸惑った時もみんなと一緒に、TAのみんなと一緒に戸惑って、TAのみんなと一緒に考えて、少しずつ作り上げたような気がします。そして最終日の今日もすごい楽しくて、素敵で。本当にみんなのおかげです。最後までどうもありがとう。本当に、偉そうな意味じゃなくて、私は心から、TAのことを誇りに思っています。また、年末かな、カウントダウンで会えるかな、来年かな。いずれにしても、次にね、また会える日まで、みんな、笑顔でおってください、約束。今日は、本当に最高の時間を……“ありがとうございました!”」── 浜崎あゆみ

 

浜崎あゆみは、12月23日に未発表新曲「Winter diary」を含むウィンターアルバム『Winter diary ~A7 Classical~』をリリースする。

 

浜崎あゆみ『Winter diary ~A7 Classical~』

2015年12月23日(水)
AVCD-93326
3,100円+TAX
01.WARNING
02.Step by step
03.Sorrows
04.Last minute
05.Summer diary
06.Sky high
07.NO FUTURE
08.Out of control
09.The GIFT
10.The Show Must Go On
[Special Track]
Winter diary(Original mix)

■TeamAyuオフィシャルショップ
(国内発送)※PC/スマホ共通 http://shop.mu-mo.net/st/fc/AOG.html
(海外発送)※PCのみ http://shop.mu-mo.net/st/fc/TAK.html
■mu-moショップ
(国内発送)※PC/携帯共通 http://shop.mu-mo.net/list1/?artist_id=HAMAS
(海外発送)※PCのみ http://shop.mu-mo.net/avx/sv/list1?jsiteid=MSW&categ_id=662501

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ