スポンサードリンク


YAMAHA デザインイベント・レポ-ト「project AH A MAY(プロジェクト アーメイ)」球体型のドラムやボーカロイドキーボード

ヤマハとヤマハ発動機は、7月3日~5日に六本木ヒルズで「Two Yamahas, One Passion~デザイン展2015~」を合同で開催、2015年春にフランスの「第9回サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015」に出展した「project AH A MAY(プロジェクト アーメイ)」の作品や、両社のデザインコンセプトモデルなどを展示した。

news_photo01news_photo05

「project AH A MAY」(プロジェクト アーメイ)

「project AH A MAY」(プロジェクト アーメイ)は、楽器のヤマハと、モーターサイクルのヤマハ発動機それぞのデザイン部門がお互いのデザインフィールドを交換して、条件や制約にしばられることなく、それぞれが培ってきた作法や考え方でデザインを提案しあうというプロジェクト。「AH A MAY」は「YAMAHA」を逆から読んだもので、ヤマハがバイクをデザインし、ヤマハ発動機が楽器をデザインするといったユニークな試みが見られた。このほか、両社のデザインコンセプトモデルや製品も展示。デザインコンセプトモデル12作品のうち6作品が日本で初披露、1作品が世界初披露となった。本稿では、楽器関連の作品を中心に紹介する。

中でも注目を集めたのが、スネアやシンバルといったパーツをプレイヤーの上下左右を取り囲むように配置した球体型のドラム「RAIJIN(God of the Thunder))」と、バイクの2人乗りさながらのスタイルで演奏するマリンバ「FUJIN(God of the Wind))」のヤマハ発動機デザイン本部による日本初披露となる2作品。3日に行われたメディア懇親会では演奏も披露、その姿はまさに「風神」「雷神」を思わせる迫力。

 

一方、楽器のヤマハのデザイン研究所は、37鍵ショルダータイプのボーカロイドキーボード(試作品)を出展。歌詞データあらかじめ転送しておき、右手の鍵盤でメロディを奏でると歌い出す、楽器というより音ゲー感覚で楽しめるガジェット的な作品。歌詞はiPhoneからBluetoothで転送。左手では歌詞を進める・戻る(ミスタッチでもリカバー可能!)ボタン、サステインボタンやピッチベンドを操作可能。鍵盤右の2のダイヤルではVib/Por/Bre/Bri/Genといったボーカロイドのパラメータの設定可能(1つで設定項目を選択、もう1つで値指定)。たとえば、ビブラートを設定しておけば、鍵盤を押した強さによりビブラートがより深くかかる。音量や歌詞選択(5種から選択)のダイヤルも用意。エンジンはVOCALOID2相当で、鍵盤を押して発音されるまでのレスポンスは非常によく、気持よく演奏ができた。機能やレスポンス、ボディの質感も含めそのまま発売しても問題ないように思える出来。残念ながら発売予定はないものの、近日中に試験的に池袋のカラオケJOYSOUNDで楽しめるようになる。

 

関連リンク

◆Two Yamahas, One Passion - ヤマハ
◆ヤマハ

スポンサードリンク


↓↓ランキングに参加しています!1日1回クリックして頂けると非常にありがたいです!↓↓



コメントを残す


Fatal error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/t-283/283-music.com/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_150319/functions.php on line 1178